ホーム > 2018/02

人気のシロイルカ2頭展示へ 6月オープンの新水族博物館「うみがたり」

7か月前

2018年6月にオープンする新潟県上越市の新水族博物館「うみがたり」にシロイルカ2頭が展示される。現在シロイルカが飼育されているのは国内では4館のみで、県内では同館が初めてとなる。

シロイルカ(上越市立水族博物館提供)
シロイルカ

シロイルカは北極海やベーリング海北部に生息する。うなずくなど首を自由に動かし他のイルカにはない動作をするほか、唇の形を変えることができるため、まるで表情があるように見える。また。背ビレを持たないことも特徴。愛嬌のある表情でテレビCMに起用されるなど人気が高いという。

市が水族博物館の指定管理者である横浜八景島から購入する。購入費用はバンドウイルカ4頭と合わせて9325万円。これまで夏のみの開催だったイルカショーを通年で開催する。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/34483358 建設が進む上越市立水族博物館「うみがたり」について、新潟県上越市と指定管理者の「横浜八景島」は2017年12月26日、ロゴマークとプロモーションビデオを発表した。またオープンは来年6月になると明らかにした。ロゴマークは、新水族博物館の特徴の一つである3階テラスから望む雄大な景色をモチ…
https://www.joetsutj.com/articles/34654833 新潟県上越市の新水族博物館の建設工事が進み、現施設の西側に新施設が姿を現し始めている。現施設は5月14日をもって営業を終え、来春に新施設がオープンする。新水族博物館は、通年飼育するイルカプールやマゼランペンギンの生息地を再現したペンギンランドなどが目玉となる3階建ての施設で、昨年…