ホーム > 2020/05

[新型コロナ]「#上越妙高エール飯」プロジェクト始動 SNS活用で飲食店応援

1か月前

新型コロナウイルスの影響で利用客や売り上げが低迷する飲食店を応援しようと、SNSを活用したテイクアウトプロジェクト「#上越妙高エール飯」がこのほど始まった。上越、妙高両市の飲食店でテイクアウトした料理写真を撮影し、「#上越妙高エール飯」のハッシュタグを付けてSNSに投稿することで、テイクアウト利用促進や地元飲食店のテイクアウト情報を広げる狙いだ。

上越、妙高両市で始まったテイクアウトプロジェクト「#上越妙高エール飯」
上越妙高エール飯

もとは大分県別府市で始まった「#別府エール飯」のプロジェクトが発端。現在、「#(地域名)エール飯」として全国各地で同様の取り組みが広がっている。上越、妙高両市では「高田本町まちづくり」(諸原孝七代表取締役)がプロジェク乗り出した。同社はこれまで、上越、妙高両市の飲食店をマップ片手にハシゴするイベント「じょうえつバル街」を企画しているが、今年は新型コロナの影響で中止に。「これまで賛同してくれた飲食店を何とか支援したい」と「#上越妙高エール飯」のプロジェクトを立ち上げた。

市民にSNS発信を促進するほか、今後は特設サイトによるSNS投稿の集約などに取り組む。サイト内でプロジェクトのポスターがダウンロードできるため、「店舗などでも積極的に活用して欲しい」と担当者。飲食店に名刺サイズのピーアールカード配布なども行い、市民へのテイクアウト浸透を図るという。

高田本町まちづくりの横山裕孝さんは「地域の皆さんがテイクアウトを利用することで飲食店を応援することができるし、今一度、地元飲食店の魅力を感じてもらえると思う。SNSで発信してもらえれば」と話している。

詳細は「#上越妙高エール飯」https://joetsumyoko-yell-meshi.com