ホーム > 2019/05

亀田製菓「ハッピーターン号」岩の原葡萄園に登場 “ハッピーパウダー” 2割増し

6か月前

新潟県上越市北方の岩の原葡萄園で2019年5月25日、ワインの試飲や食事を楽しむ「岩の原ワインバル2019」が開かれ、亀田製菓(新潟市)の人気商品「ハッピーターン」の試食ができるイベント用車両「ハッピーターン号」が登場した。参加者は洋風せんべいとワインの意外な組み合わせを楽しんだ。イベントは5月26日まで。

岩の原葡萄園のイベントに登場した亀田製菓のハッピーターン号
ハッピーターン1

亀田製菓によると、ハッピーターン号は全国に2台しかなく、全国各地のイベントに参加してハッピーターンをはじめ同社のあられやせんべいなどの商品をピーアールしている。車両はキッチンカーで、キャラクター「ターン王子」やハッピーターンの菓子の世界をイメージしたハッピー王国のカラフルなイラストがラッピングされている。

カラフルなラッピング車で写真撮影も可
ハッピーターン5

一般に市販されている“レギュラー味”のハッピーターンを工場から持ち込み、味の決め手となる“ハッピーパウダー”を多めにふりかけて提供する。この日は、レギュラーと期間限定で販売中の「コクのやみつきカレー味」のカレーパウダーの2種類を用意。通常より2割増しでパウダーをまぶし、振る舞った。試食した参加者からは「味が濃い」「ワインにあう」と好評。

同社の担当者は「ハッピーターンとワインが楽しめます。ぜひお越しください」と話していた。

ハッピーパウダーを通常の2割増しでふりかけて提供
20190525-DSC_3266

開催中のイベントでは、岩の原葡萄園と亀田製菓がコラボし、両社の商品の相性のあう組み合わせ(マリアージュ)を提案。参加者らは「深雪花(白)」と「柿の種 トリュフソルト」、「深雪花(ロゼ)」と「通の焼き海老」などを味わった。友人と訪れた柏崎市の30代の女性は「普段のつまみはチーズや生ハム。赤ワインの渋味と甘いあられがぴったりで驚き」と話していた。

イベント参加チケットは、ワインの試飲と特製オードブルがセットで当日券3000円。試飲なし入場券は1000円。問い合わせは025-528-4002

ハッピーターン以外の亀田製菓の米菓と岩の原ワインの組み合わせも楽しめる
20190525-DSC_3270

岩の原葡萄園ホームページ http://www.iwanohara.sgn.ne.jp

ハッピーターンホームページ https://www.happyturn.com/