ホーム > 2019/04

名前に「令」「和」が付く人に団子進呈 本町5の栄喜堂

3か月前

新潟県上越市本町5の「栄喜堂菓子店」は新元号「令和」の発表を記念し2019年4月2日、名前に「令」「和」が付く人にしょうゆ団子を進呈するサービスを始めた。4月7日まで。

店頭に告知を掲示(4月2日午後4時)
栄喜堂

四代目の浅野項一さんは「本当は団子に“令和”の焼印を入れたかったが、できるまで1か月以上かかるので断念した」という。「新元号が決まってお祝い気分なのに、市内の店は何もしていない。何かをやることが大事で、一石を投じたい」と話していた。

創業から味が変わらないしょうゆ団子
だんご

しょうゆ団子は県内産の米粉を原料にしており、1915年(大正4年)の創業以来、同じ製法で、変わらない味が自慢。1本90円(税別)。

しょうゆ団子が2本もらえるのは名前が元号と同じ「令和」さんの場合。「令子」「和子」「和夫」さんのように、「令」または「和」が含まれる人は団子1本となる。名前が証明できる運転免許証や保険証などの提示が必要。

1人1回限り。本町5の店舗のみで、花見会場では不可。4月3日の定休日は営業する。営業時間は午前9時〜午後6時。問い合わせは025-523-5391

栄喜堂菓子店