ホーム > 2019/05

なぜか腹だけ真っ白 上越市立水族博物館うみがたりで珍しいナマコ展示

6か月前

新潟県上越市の市立水族博物館「うみがたり」は2019年5月18日から、腹部のみが白い珍しいナマコを展示している。旧水族博物館時代に全身が白いナマコを展示したことがあるが、一部が白いナマコの展示は初めてという。

うみがたりに展示されている腹部だけが白いナマコ
ナマコ2

今月中旬に糸魚川市の漁師が漁で捕獲し、同館に提供した。体長は約20㌢で、伸びたり縮んだりしながらゆったりと動いている。

日本近海でよく見られるマナマコという種類で、体色は通常、赤色に近い褐色や、濃い青緑色、黒色などがある。同館によると、全体が白いナマコは遺伝子の突然変異により色素のないアルビノ(白化個体)だが、今回のように腹部だけが白いものは、色素は作ることができると推測されるが原因は不明。

背部には色がある
ナマコ3

同館3階の「美しい日本海」ゾーンにある海藻のアマモ水槽で、キスやアミノハギなどと一緒に展示されている。

飼育スタッフの田原浩之さんは「珍しいナマコなのでぜひ見てほしい」と話している。今後、体色変化が無いか経過観察を行い、白化現象として記録していくことにしている。

関連記事

幸せを呼ぶ白いナマコ(2010年3月22日)
https://www.joetsutj.com/articles/51713515 <動画:1分54秒> 瀬戸内海などでは「縁起がいい」「幸せを呼ぶ」と言われ、珍重されている白いナマコが、上越市立水族博物館で、2010年3月18日から展示されています。ナマコは体の色により、アカナマコ、アオナマコ、クロナマコ(クロコ)などと呼び分けていますが、種類としてはマナマコ…