ホーム > 2015/04

地上50mから見た桜の眺めはいかが? 妙高サンシャインランドの「天空桜」

6年前

地上50mの大観覧車から1500本の桜を一望する花見はいかが? 新潟県上越市中郷区松ケ峯の遊園地「妙高サンシャインランド」は、2015年4月18日(土)、19日(日)の両日、今シーズンのオープニングイベントとして「妙高天空桜」を実施する。

「天空桜」の眺め(2014年撮影・提供写真)
桜・全景S

妙高サンシャインリゾートには約1500本の桜の木があり、週末に満開を迎える。その桜を、高さ50mの大観覧車や高さ45mのバルーンタワーから一望してもらおうと、遊園地のオープンを前倒し、「妙高天空桜」というイベントを実施することになった。

両日とも入園料(大人600円)は無料。乗り物料金は各300円。一部で雪が残っているため、乗り物24機種のうち、6機種は乗ることができない。営業時間は午前9時から午後4時30分。

午前11時から午後1時頃まで、豚汁や甘酒の振る舞いがある(なくなり次第終了)。

松ヶ峯には妙高サンシャインリゾート内を含めて約3000本の桜があり、桜の開花期間中はライトアップが行われる。時間は午後6時30分から同9時30分。

問い合わせは、0255-74-2421。

イベントのちらし
妙高サンシャインリゾート