県立中央病院の看護師が同僚の免許証盗み消費者金融で借金

上越警察署は2014年10月28日午後6時28分、新潟県立中央病院の看護師の男(上越市頸城区西福島在住、27)を窃盗の疑いで通常逮捕した。

同署の発表によると男は昨年12月初旬頃から今年4月10日午後5時ころまでの間、同病院で同僚男性の運転免許証を盗んだ上、男性になりすまして、消費者金融会社と契約し、現金50万円を引き出した疑い。

県立中央病院の矢澤正知院長は「当院職員がこのような事案を起こしたことは当院を利用される皆様の不信感を招くものであり、誠に遺憾。深くお詫び申し上げる」とコメントを発表。「二度とこのような事案を起こさないよう、職員への指導、監督を徹底し、信頼回復に万全を尽くしたい」とした。

男の処分について同病院は「事実確認をし、厳正に対処したい」としている。

県立中央病院
tyuuoubyouin