ホーム > 2014/10

美少女モデルがオリジナル丼紹介 「上越どんぶり巡り」第2弾発行

7年前

新潟県上越市の5区の商工会が「新潟美少女図鑑」を手掛けるテクスファーム(新潟市中央区)と連携して、地元の飲食店のオリジナル丼を地元モデルがピーアールするフリーペーパー「上越どんぶり巡り」を発行した。昨年の第1弾が好評だったことから今回、第2弾を発行した。

企画したのは、中郷、板倉、三和、牧、清里の5区の商工会でつくる上越南商工業振興協議会。来春の北陸新幹線開業を見据えた地元経済活性化の取り組みとして実施している。

フリーペーパーはA5判32ページで5区の飲食店16店が考案した地場産食材などを使ったオリジナル丼と各区の観光地などを女性モデルが紹介している。観光施設の割引クーポンや商品がもらえるスタンプラリーもある。
 1万部作成し、各商工会や参加店、観光施設などで配布している。ホームページ(http://joetsu-donburi.jp/)も開設している。

モデルの一人で上越市在住の大学生、羽田美幸さん(19)は「新幹線も開業するので、いろいろな人に立ち寄ってもらい、上越の食や自然に触れてもらいたい」と話していた。

「上越どんぶり巡り」を手にする上越市在住のモデルたち
上越どんぶりめぐり

フリーペーパー