ホーム > 2014/09

稲刈り悲惨 上越市名立区でコンバインの下敷きになり男性死亡

7年前

2014年9月29日午前8時10分頃、新潟県上越市名立区東蒲生田の農道脇に男性と農業用コンバインが転落しているのを近所に住む男性が発見した。男性は同所に住む建設作業員、梅澤清司さん(69)で、すでに死亡していた。

上越署の発表によると死因は圧死。梅澤さんと運転する農業用コンバインが何らかの原因で道路脇約1.6メートル下の荒れ地に転落した。梅澤さんはコンバインの下敷きになっている状態で発見された。コンバインのエンジンは停止していた。

梅澤さんは稲刈り作業に出掛けていたといい、自宅から転落現場までの距離は約100メートル。

事件事故