ホーム > 2014/07

上越市の国府・五智で猿の目撃相次ぐ 今月に入り目撃25件

5年前

新潟県上越市の五智公園周辺の国府、五智両地区で猿が相次いで目撃されている。7月に入ってから、15日時点で市に寄せられた目撃情報は計25件に上り、市は「これだけの目撃情報は過去になく多い」としている。近隣の市街地でも猿を目撃したとの情報があり、市は「襲ってくることもあるので、遭遇したら近づかないでほしい」と注意を呼び掛けている。

同市西本町4の厚生北会館北側の公園に現れた猿(7月13日午前7時過ぎ)=上越走友会提供=
猿

市環境保全課によると、目撃現場は国府2の星高池付近や五智6の老人福祉施設など。ほとんどが1頭だが、12日には五智2で2頭が目撃された。同課では「五智公園周辺で猿の群れというのは考えにくいが、目撃情報を元にすると少なくとも2頭以上いる」としている。

市によると五智や国府両地区で農作物の被害は報告されていないが、家庭菜園では被害が出ている。

市は教育委員会を通じて近隣の学校に注意を呼び掛けたほか、今後、住民向けに注意啓発用のチラシを配布する。

同課は「猿と遭遇したら近づかず、また襲われないように目も合わせない。定住しないためにも餌を与えないようにしてほしい」と話している。