ホーム > 2014/06

上越市の大潟漁港沖合2kmでミニボート転覆 釣り人2人救助

7年前

上越海上保安署によると2014年6月5日午前8時17分、「直江津港沖合でニミボートが転覆した」と同署に118番通報があり、巡視艇で長野県の男性会社員2人を救助した。2人にけがなどはなかった。

救助されたのは長野県東御市の44歳と56歳の会社員。船舶免許が必要ないいわゆるミニボートで釣りをして帰ろうとした際にバランスを崩して転覆したという。同署の巡視艇が午前9時8分、大潟漁港の北約2㎞の海上で、転覆したボートの上に救命胴衣を着用していた2人を救助し、直江津港に搬送した。

救助の様子(写真・上越海上保安署提供、写真は一部加工しています)
kyuujo1

救助された2人は巡視艇で直江津港に搬送された
kyuujo

ミニボートは、長さ3m未満、エンジン出力2馬力以下のボートで、船舶免許なく操船できる。手軽に楽しめ近年急速に普及している一方、事故も急増している。

上越海上保安署管内では先月も釣り人が直江津港東防波堤にミニボートで渡り、取り残され、ヘリコプターで救助される事故が起きている。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/52081989 2014年5月3日午後、新潟県上越市の直江津港にある立ち入り禁止の防波堤で釣りをしていた男性4人が孤立し、第九管区海上保安本部新潟航空基地(新潟市)所属のヘリコプターに救助された。4人にけがはなかった。上越海上保安署の発表によると、救助された男性は長岡市や小千谷市に住むいずれも4…

↓ミニボートとは
http://www.marine-jbia.or.jp/miniboat/