ホーム > 2014/05

上越市大和3の信越線踏切近くで頭がい骨と衣服見付かる

6年前

2014年5月6日午後2時45分頃、新潟県上越市大和3の住民の男性から「自宅近くの草やぶの中から頭がい骨のようなものを発見した」と上越警察署に通報があった。

頭がい骨などが見つかった上越市大和3の草やぶ(2014年5月6日午後6時30分過ぎ)
20140506

同署によると、人の頭がい骨一つのほか、黒っぽい色の帽子、サイズが22cmほどの青色系の靴、衣服のようなものも見つかった。

同署は死因や身元を調べている。

現場は信越線の北林踏切から東に約100m(下の地図参照)。


より大きな地図で 信越本線北林踏切 を表示