ホーム > 2014/04

妙高市のいもり池で “水辺の妖精” ミズバショウ見ごろ

6年前

新潟県妙高市のいもり池周辺で、“水辺の妖精”ミズバショウが見ごろを迎えている。妙高高原ビジターセンターによると、平年よりもやや早めで、見ごろは大型連休が終わる5月6日頃までだという。(ミズバショウの全天球パノラマ画像あり)

imoriike2

↓ミズバショウが見頃のいもり池(全天空画像)

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

いもり池は標高750mにあり、周辺には所々に雪が残る。周辺ではヤマザクラやキタコブシがようやく咲き始めるなど、遅い春を迎えている。ミズバショウは池の周辺も含め、約10万株が群落を作り、一斉に白い帆を開き始めた。

ミズバショウの花のように見える白い部分が苞(ほう)で、実は葉の一種。花は苞に包まれた黄緑色のもので、花軸に密集している。既に花は満開だが、苞の部分はまだ10cmほど。次第に大きくなって最盛期を迎えるが、花が咲き終わると長い楕円形の緑の葉が大きくなり、苞が隠れてしまう。

晴れた朝には、残雪の妙高山が水面に映る「逆さ妙高」を狙って、多くのカメラマンが訪れる。また、風のない暖かい朝には、ミズバショウの甘い香りが楽しめることもあるという。

いもり池の周囲を巡る約500メートルの遊歩道では、環境省のパークボランティアがところどころに立って、ミズバショウといもり池の自然について解説している。解説は5月6日まで毎日開かれている。

5月5日は、妙高に春の訪れを告げる「艸原祭(そうげんさい)」が開かれる。今年は、午後3時30分からダンディ坂野をゲストに迎えて温泉ソムリエトークショー、同5時30分から高木いくのさんのライブ、午後7時に火文字の火入れ、同7時10分に花火打ち上げなどが行われる。 問い合わせは、艸原祭実行委員会(妙高市観光協会内)0255-86-3911。

mizubasyou

◇妙高高原ビジターセンター公式サイト
http://www.myoko.tv/mvc/
◇艸原祭のサイト
http://www.myoko.tv/event/2474.html