ホーム > 2014/04

「青いウナギ?」 上越妙高駅に新幹線をデザインしたバリケード登場

6年前

北陸新幹線の金沢までの開業を来年3月に控え、沿線の新幹線駅の工事現場などに新型車両をデザインした単管バリケードが登場し、注目を集めている。新潟県上越市の上越妙高駅西口には1か月前に初登場したが、デザインがイマイチのようで「青いウナギみたい」「オタマジャクシのようだ」などの声も出ている。発案した安全保安用品レンタル大手の仙台銘板では、デザインを一新したバージョン2の開発を進めている。

sinkansen1

「新幹線ガード」と名付けられたバリケードは昨年10月に完成し、金沢、富山、糸魚川、上越妙高の各新幹線駅の工事現場などに順次登場した。上越妙高駅には今年2月、西口周辺に設置された。

北陸を走るE7系車両をメインに、下部には新幹線が走る北陸地方の地図が配置されている。車両の流線型を生かしたデザインが、生き物に見えるというのもご愛嬌。新幹線開業前の楽しい話題となった。

sinkansen2

上越TJ関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/52077712 北陸新幹線の金沢までの開業を来年3月に控え、沿線の新幹線駅の工事現場などに新型車両をデザインした単管バリケードが登場し、注目を集めている。新潟県上越市の上越妙高駅西口には1か月前に初登場したが、デザインがイマイチのようで「青いウナギみたい」「オタマジャクシのようだ」などの声も出て…
https://www.joetsutj.com/articles/52053836 殺風景な工事現場などを和やかにしてくれるキャラクター型バリケードは、サルやカエルなど多くの種類が出ているが、最近は地域限定のご当地バリケードが次々と誕生している。現地に行かないと見られない兵庫県限定のコウノトリ、奈良県や北海道、東北限定のシカ、沖縄県限定のシーサーをデザインしたバ…
https://www.joetsutj.com/articles/52029318 新潟県の宣伝マスコットキャラクター「トッキッキ」をデザインした安全柵(単管バリケード)が上越市内に登場し、ずらりと並んだ愛らしい姿が幼稚園児や送り迎えの保護者に人気を呼んでいる。↓トッキッキのバリケード沿いの道路を散歩する園児(クリックで拡大) バリケードは新潟市に本社がある「株…
https://www.joetsutj.com/articles/51823263 交差点の改良工事が行われている新潟県上越市の国道18号寺町北交差点で2011年11月、ずらりと並んでいる動物キャラクターをかたどった単管バリケードの中に、一匹だけ「イヌ」のキャラクターが交じっている。「どうして一匹だけ?」と、通勤などで通りかかるドライバーが不思議がっている。さっ…
https://www.joetsutj.com/articles/51811676 新潟県上越地方では2007年秋ごろから道路工事の現場で見かけるようになった可愛らしい動物型の安全柵。これは「単管バリケード」というのが正式な呼称で、動物のキャラクターが殺伐とした工事現場や、通りかかるドライバーを和ませてくれる。当初はサルやカエルばかりだったが、最近は種類も増え、…