岡田将生と広末涼子主演の映画が近日、上越市内でロケ

岡田将生と広末涼子が主演して2014年初秋に公開される映画「彼女との上手な別れ方」のロケが近日、新潟県上越市で行われる。撮影は2日間を予定しており、地元エキストラも出演予定だが、撮影場所や日時などは非公開。


映画「彼女との上手な別れ方」の原作本(小学館文庫)

kanojo

映画は岡本貴也の同名小説(小学館)が原作で、脚本も自ら担当している。監督は映画「ツナグ」「ROKKIES~卒業~」「陰日向に咲く」や、テレビドラマ「JIN-仁-」「とんび」で知られる平川雄一朗。

ある日、交通事故をきっかけにガジロウが3人のポールダンサーと老運転手の幽靈に出会う。4人が遺した財産と引き換えに、4人が成仏できるように最後の願いをかなえる約束をするというストーリー。悪戦苦闘する主人公を描いて、さわやかな感動を呼ぶファンタジーだ。

主人公のガジロウは、人気ドラマ「リーガルハイ」で温和な”人たらし”の弁護士、羽生晴樹を演じ、存在感をみせた岡田将生。今作では、”女たらし”で金好きなダメ男という役柄を演じる。奇しくも共演することになった広末涼子は、「リーガルハイ」では裁判官として登場した。今作では、小学生の息子を残し無念にも幽霊となってしまったシングルマザーのポールダンサー、ユウコを演じる。


12月12日のクランクインの様子(公式ツイッターより)

location

すでに2013年12月12日にクランクインしており、これまで神奈川県小田原市などでロケを行った。今後は東京都内、千葉県、新潟県上越市などでロケを予定している。クランクアップは1月下旬の予定。上越ロケでは市内4、5か所で撮影を行う。

↓公式ツイッター
https://twitter.com/kanowaka2014