上越市大日に「大戸屋」と「ホブソンズ」 2014年4月にオープン

2014年4月のオープンを目指して上越市大日の県道板倉・直江津線沿いに建設中の「だいにちスローライフビレッジ」内に、全国チェーンの和定食店「大戸屋(おおとや)ごはん処」と、県内初出店となるアイスクリームの「ホブソンズ」が進出することが決まった。


建設中の「だいにちスローライフビレッジ」

dainiti

上越地域初出店の「大戸屋ごはん処」は、大戸屋ホールディングス(東京都武蔵野区、三森久実社長)が全国に直営、FC合わせて275店舗(2013年3月現在)を展開している。新潟県内にはイオンモール新潟南店(新潟市江南区)、新潟笹口店(新潟市南笹口)の2店がある。

肉や魚をメーンにした定食、丼もの、子供向け、うどん・そば類、ヘルシーメニュー、サラダ、デザートなどを提供している。ご飯の大盛り無料。セントラルキッチンではなく、店舗で調理しているのが特徴。看板メニューの「特選大戸屋ランチ」はコロッケ、鶏肉の竜田揚げ、サラダ、目玉焼きが付く。「チキンかあさん煮定食」は、鶏肉カツレツのみぞれ煮風。

アイスクリームの「ホブソンズ」は、1985年にアメリカのサンタバーバラから日本に上陸したアイスクリーム店。「ホプソンズジャパン」(東京都新宿区、浅井珠代社長)が、全国に展開しており、現在33店舗がある。新潟県内初出店となる。

フレーバーに本物のフルーツや菓子を専用マシンでミックスするブレンドアイスクリームが特徴。クレープにもトッピングできる。ナチュラルジュースや、スムージーなどもある。

「だいにちスローライフビレッジ」は総合福祉サービスの「リボーン」(飛田尚文社長)が建設しているサービス付き高齢者向け住宅で、この中に診療所と薬局が入る医療棟と、食堂などが入るセンター棟が計画されている。大戸屋とホブソンズはセンター棟に入るもので、いずれもリボーンがFCで運営する。ほかに直営店として、カレーやうどん・そばのフードコート、パン工房などを予定している。入居者のほかに一般の人も利用できる。入居者の雇用も計画している。オープンは来年4月を予定している。


より大きな地図で だいにちスローライフビレッジ を表示

◇大戸屋公式サイト
http://www.ootoya.com/

◇ホプソンズ公式サイト
http://www.hobsons-icecream.com/