ホーム > 2013/09

上越市の土木工事業者が事業停止 負債5500万円

6年前

新潟県上越市島田の土木工事業「有限会社 鈴木組」(資本金1000万円、従業員6人)が、2013年9月9日付で事業を停止し、弁護士に事後処理を一任した。東京商工リサーチ高田支店によると、負債総額は約5500万円。

同社は1937年(昭和12年)3月に土木工事を目的に創業し、1967年(昭和42年)9月に法人化した。官公庁や地元業者に営業基盤を置き、ピーク時の1997年(平成9年)3月期には売上高3億8900万円を計上していた。その後は受注不振から売上を落とし、2009年(平成21年)3月期は売上高が6628万円まで低下し、2899万円の最終赤字を出し、債務超過に転落していた。

整理・倒産