ホーム > 2013/07

ノーベル賞晩さん会の洋食器を展示 ストックバスターズ上越店

7年前

日本金属洋食器工業組合が制定した7月12日の「洋食器の日」に合わせ、新潟県上越市富岡のストックバスターズ上越店は2013年7月12日、ノーベル賞の晩さん会で使われているものと同型の洋食器を展示する。洋食器は燕市の山崎金属工業が製作したもので、一般に公開するのは初めてという。

洋食器の日は、洋食器の代表である「ナ(7)イ(1)フ(2)」の語呂合わせ。

山崎金属工業の洋食器は、1991年のノーベル賞の晩さん会から毎年使われている。同社の高い研磨技術などが評価され、依頼を受けたという。

ノーベル賞と同型のナイフやフォークを展示
yousyokki1

今回の展示はストックバスターズ(燕市、轡田秋夫社長)が企画。晩さん会で使われる同型の洋食器を6人分のセットにして展示する。ノーベル賞のマークが入ったケースにステンレス製のフィッシュナイフ、デザートスプーンなどが並ぶ。現在は非売品で一般公開は初めてという。

轡田社長は「洋食器として有名な燕の高い技術を見てほしい」と話している。

展示は9月1日まで。営業時間は午前10時~午後6時。

ストックバスターズの公式サイト
http://www.stockbusters.jp/

関連記事
https://www.joetsutj.com/articles/52020533 新潟県上越市富岡の上越ウイングマーケットセンターに2013年3月1日、食器やキッチン用品の格安アウトレット販売で人気を集める「ストックバスターズ上越店」がオープンする。約4000種類と豊富な品ぞろえで、最大で定価の9割引きという安さで販売する。ストックバスターズは在庫退治という意…