ホーム > 2013/07

大山温泉あさひ荘がリニューアル 1年4か月ぶりに営業再開

5年前

運営する第3セクターの経営破たんで休業していた上越市大島区田麦の「大山温泉あさひ荘」が2013年7月1日、リニューアルオープンした。弁当宅配や学校給食事業などを手掛けるクックライフ(同市頸城区西福島、山田茂社長)が指定管理者となり再出発した。再開を待ちわびた地元住民らが次々と訪れ、1年4か月ぶりの湯の感触を楽しんだ。

リニューアルしたあさひ荘
asahisou1

あさひ荘は、市が54%を出資する3セクが運営していたが、利用客減少などで恒常的な赤字体質が続き、昨年3月に自己破産し営業を停止していた。その後、市が指定管理者を募集したところ、クックライフ1社が応募し選定された。

リニューアルしたあさひ荘は、ナトリウム炭酸水素塩泉でつるつるした肌触りの温泉、名物の釜飯をはじめ、海鮮丼などをそろえる食堂、ゆっくりできる休憩室、宴会のできる大広間のほか、新たなに地元の特産品などを販売するミニスーパーやキッズスペースを設けた。宿泊は当面行わない。

天然温泉の風呂
huro1

露天風呂
huro2

食事もできる休憩所
kyuukeijo

ミニスーパー
minisuper

食堂
syokudou

営業時間は午前10時から午後7時まで。7月7日まで大人600円の入浴料が半額となるキャンペーンを実施している。また7日午後1時からはラジオパーソナリティーの大倉修吾さんによるトークショー(入場無料)も開かれる。

電話025-594-3046。

【関連記事】
◇3セク破綻で休業の「あさひ荘」 来年度再開へ(2013年1月4日)
http://www.joetsutj.com/archives/52011969.html

◇3セク破綻で大島区「大山温泉あさひ荘」が休業(2012年3月1日)
http://www.joetsutj.com/archives/51870733.html