ホーム > 2013/06

世界遺産企画2 子供が名付け親、ニューミサの「富士山チャーハン」

7年前

名物みそラーメンで知られる新潟県上越市中郷区稲荷山の「食堂ニューミサ」で、みそラーメンに次ぐ人気メニューが「富士山チャーハン」。富士山のようなきれいな台形に盛り付けてあり、てっぺんには雪ならぬ紅ショウガが飾ってある。富士山の世界遺産登録で、人気がさらにアップしそうだ。

hujisan

チャーハンは約25年前の開店当時からあり、盛り付けも変わっていないが、5年ほど前、客の子供が「富士山みたいだ」と言ったのがきっかけ。その後もたびたび来店し、「富士山チャーハン」を注文したため、5年前からメニューを「富士山チャーハン」に変えた。

上田貴之オーナーは「普通のチャーハンですが、野菜は大きめに乱切りしてあり、たくさん入っています。改名以来、人気メニューになりました」と話す。

750円(みそ汁付き)だが、プラス100円で大盛りにすると、さらに大きな富士山型になる。

 火曜定休。電話0255-74-2096、

地図

より大きな地図で ニューミサ を表示

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/52037725 日本最高峰の富士山(3776m)が2013年6月22日、世界文化遺産に決まった。富士山は、北は福島県、南は東京都の八丈島、西は和歌山県までの広い範囲から遠望でき、新潟県内でも群馬・長野県境の山々や、杉の原スキー場から望むことができる。いったいどんなふうに見えるのだろうか。筑波大付…