ホーム > 2013/06

妙高市の大毛無山に5、6月限定の"幻の滝"出現

6年前

=2013年6月14日現在=

新潟県妙高市の大毛無山(1429m)の中腹に、雪解けの一時期しか現れない滝がある。特定の地域からしか見ることができず、ほとんど知られていない「幻の滝」だ。

ゴンドラ中間駅の南側で、白い筋に見える滝(西菅沼新田から撮影)
zenkei

滝を拡大
up

滝は、営業を長期休止中のARAIマウンテン&スパのゴンドラ中間駅の南側にある。黒っぽい岩の上を滑るように水が流れ落ちており、落差は10m以上ありそうだ。

5月に入ってから現れ、雪解けが終わる6月中旬には消滅するため、滝を見られる期間は限られる。また、スキー場直下の両善寺付近では立木などで隠れてしまい、矢代川をはさんだ妙高市志、菅沼、西菅沼新田付近しか見られない。

同市菅沼の男性に尋ねると、「雪解けの頃しか現れない滝があると聞いていたが、見たことはなかった。あんな所に滝があるんだね」と驚いていた。