ホーム > 2013/03

上越に中国から黄砂飛来 PM2.5にも警戒

6年前

新潟県上越市で2013年3月9日朝、屋外に停めた自動車のフロントガラスなどに黄色い砂が付着する様子が見られた。中国大陸から黄砂が飛来したとみられる。

上越市内に停めた車のフロントガラスなどには黄砂とみられる砂が付着した(2013年3月9日)
kousa

気象庁の黄砂の観測地点は、県内では新潟市にある新潟地方気象台のみ。この日新潟地方気象台で黄砂は観測されなかった。
 ただ九州から中国、近畿、北陸、東海の広い範囲で黄砂が観測された。北陸では富山や金沢などの気象台で観測されたため、上越市での現象について新潟地方気象台では、同じ黄砂の可能性が高いとしている。

黄砂は中国大陸北西部、タクラマカン砂漠などの砂が風で舞い上がり偏西風に乗り、日本までやってきたもの。毎年3~5月に多く観測される。

黄砂には、大気汚染源の微小粒子状物質PM2.5が付着している恐れがあるとされ、県などは上越市を含む県内8か所にPM2.5の観測局を設置して警戒している。黄砂の粒の直径は3~5マイクロメートルで、2.5マイクロメートルのPM2.5よりやや大きい。

【関連記事】
◇大気汚染源のPM2.5 上越市にも観測局開設(2013年3月4日)
http://www.joetsutj.com/archives/52020816.html