41年ぶりに自走する気動車「ホジ3」 に乗れる!

新潟県上越市頸城区百間町の「くびき野レールパーク」で2012年10月20、21日、旧頸城鉄道(現頸城自動車)のディーゼル気動車「ホジ3」の公開イベントが開催される。41年ぶりに自走可能になったホジ3の乗車体験が午前9時から30分間隔で行われるほか、乗車記念切符も発行する。


ホジ3

ホジ31

ホジ3は動力のない畳敷きの客車を改造したもので、全長約10メートル、幅約2メートル、重さ約8トンの42人乗り。1951年にディーゼルエンジン化、頸城鉄道が廃線となる1971年まで活躍し、地域住民に親しまれた。
現在は市が保有しているが、維持整備はNPO法人「くびきのお宝のこす会」が行っている。市が本年度予算で修理費840万円を計上。今年6月から地元企業の整備工場でエンジン部の修理を行い、9月に試験走行が行われた。

2012年9月20日の試験走行の様子(動画2分52秒)

自走するホジ3に乗車できるのは今回のイベントが初めて。またホジ3や軽便蒸気機関車のコッペル号の記念硬券、絵はがき、缶バッヂなどグッズ販売や、地元特産品の出店など様々な催しが行われる。
 会場へはJR直江津駅南口とほくほく線くびき駅から無料巡回バスが運行する。


イベントのチラシ

2012年10月20、21日のイベントちらし