臭いツターンカメムシが上越市で大暴れ

新潟県のご当地ヒーロー「超耕21ガッター」のミニショーが2012年10月8日、「姉妹都市と上越市の観光と物産展」の会場となった上越観光物産センターで開かれた。昨年はショッタリアン帝国のエイリアン、ザリガニータが登場したが、今年は同帝国のリーダー、ツターンカメムシが上越初登場し、得意のおなら攻撃でガッターを苦しめた。

gattar_w

今回、上越に初めてやってきたツターンカメムシは、ツタンカーメンとカメムシを合体したネーミング。ツタンカーメンの黄金のマスクのように金色に輝く固い鎧で全身を包み、強烈なにおいと、臭いおならでガッターを苦しめる。東京・上野の森美術館で「ツタンカーメン展」が来年1月まで好評開催中であり、カメムシは昨年秋に大発生して住民を苦しめた。この時期、ぴったりな登場だといえよう。


大人が見てもおもしろい超耕21ガッターのショー(7分16秒)

人気のご当地ヒーロー登場とあって、会場の上越観光物産センターの正面玄関前には、30分以上前から子供連れの家族が詰めかけ、300人以上が出演を待った。

ガッターが登場し、変身ポーズを披露すると会場の子供たちから「かっこいい」との歓声が。ガッターがツターンカメムシのおなら攻撃に倒れると、今度は「頑張れー」の大合唱。復活したガッターが、柿の種形の鎌、ガッター・カッターで反撃し、見事にツターンカメムシを倒した。

ショーの終了後にはガッターとの握手会、写真撮影会が行われた。

◇「超耕21ガッター」の公式サイト
http://gatter.jp/

関連記事