ホーム > 2012/02

<冬企画2>冬季限定「米本陣」の酒粕ラーメン

8年前

新潟県上越市三和区の「ネイチャーリングホテル米本陣」のレストランが、冬季限定メニューとして提供している「酒粕ラーメン」が人気だ。酒粕を溶かし込んだスープは、まろやかな味わいで体が温まるため、毎年楽しみにしているファンも多いという。

sakekasu_w

酒粕ラーメンは3年ほど前、「寒い冬に食べる、温かな名物料理を作ろう」と同ホテルが開発した。毎年1月ごろから提供を開始し、気候が暖かくなるまで続ける。

しょう油ベースのスープに、同区の丸山酒造所で造る銘酒「雪中梅」の酒粕を溶かし込んだ。まろやかな口当たりが特徴で、食べているうちに体の中から温まってくる。

「手間を掛けて一から作っている本格的なラーメン。味の想像がつきにくいのか、最初は注文をためらう人もいるが、一度食べた人はリピーターになり毎年楽しみにしてくれる」と同ホテルは話す。

sakekasu2

1杯600円。大盛りはプラス100円。レストランで提供しており、宿泊者でなくても食べられる。時間は午前11時~午後1時30分。酒粕は時期によって使用銘柄が変わる場合がある。問い合わせは同ホテル(025-532-4115)。毎月第1月曜が休館日。

【関連記事】
上越にしかない?「とん汁ラーメン」
http://www.joetsutj.com/archives/51853112.html