コスゲで火災、外国人研修生4人が煙吸い病院へ

火事

↓上越市杉野袋のコスゲで発生した火事

20100706kosuge

 2010年7月6日午後4時ごろ、上越市杉野袋の鉄骨加工業、株式会社コスゲ(小菅貞一社長)本社の鉄骨組立工場から出火、2階の一部約20平方メートルを焼き、同4時40分に鎮火した。

この火事でインドネシア人研修生の男性4人が煙を吸って救急車で市内の病院に運ばれた。1人がのどの痛みを訴えている。

上越署によると、部屋はインドネシア人研修生4人が寮として使用していた。火災の原因などは調査中。

=2010年7月6日午後6時35分現在=