笹ケ峰の花ガイド2冊同時発刊

妙高市教育委員会は、同市の笹ケ峰高原で咲き誇る花々をカラー写真とともに紹介した「妙高の植物1 笹ケ峰高原の植物」と、「笹ケ峰高原 夢見平(ゆめみだいら)散策ガイドブック」の2冊を2010年3月下旬、発刊した。11人の編集委員が原稿のほか、写真撮影、編集作業などを行い、まとめ上げた。

20100329book

 「笹ケ峰高原の植物」は同市の笹ケ峰高原で見ることができる283種類の花を、春~秋の花、木に咲く花、紅葉に分けて紹介している。夏休みの植物採取や、トレッキング、散策などに重宝する一冊。A5判182ページ、1500円。

「夢見平散策ガイドブック」は、、ミズバショウやリュウキンカなど湿生植物の宝庫で、亜高山帯の自然が満喫できる笹ケ峰高原の夢見平の散策ガイドブック。乙見湖周辺とダム下流両岸の海抜1250~1350メートルのなだらかな地形の場所で、2008年に森林セラピーロードに認定された。所要時間2時間と4時間の2コースが設定され、13の地点にわけて、観察できる四季の植物を紹介している。A5判46ページ、300円。

同市内での植物に関する本では、26年前の昭和59年に発刊された「新井・頸南の野草」(新井・頸南築理科教育センター発行)があるが、既に在庫がなくなっている。

販売は妙高市役所、各支所で。問い合わせは同市教育委員会生涯学習課0255-74-0035。