バッティングドームの概要明らかに

↓施設の概要を話すJマテランドコムの関係者20100327baseball

上越市木田地内の上越マテリアル移転後の跡地に、2月から建設しているバッティングドームとマルチスポーツ練習棟の概要が一部明らかになった。2010年3月27日に開かれた上越市学童野球連盟の総会の席上、同施設を運営するJマテランドコム(関原伸一郎社長)が明らかにした。

場所は木田の法務局上越支局の裏(東側)の関川河川敷の近く。

バッティングドームは、バッティングゲームが8ゲージあり、左右両打席に対応し、ピッチャーの映像付き。このうち1ゲージはソフトボール用として兼用する。ピッチングゲームが2ゲージある。

室内のマルチスポーツ練習場は広さが60メートル×20メートルで、高さ12メートル。少年野球の守備練習(ノック練習)のほか、フットサル、ゲートボールなど多目的に利用できる。

料金はプリペイドカード方式を導入する。

営業時間は平日が午前10時、土日曜が午前9時から、終了は午後11時か12時を予定している。野球シーズンには営業時間前の早朝貸切も可能。

オープンは7月下旬を予定しているが、子供には一足早くプレオープンしたい考え。オープンイベントとして、プロ野球のOBを招きたい計画。

バッティングドーム地図
バッティングドーム計画地(青色の部分)