妙高市のCONOMi 原宿で「第5回制服アワード」開催 新潟県から5人受賞

中高生に絶大な人気を誇る最先端の制服ブランドを展開する「CONOMi(このみ)」(本社・新潟県妙高市)が、最も制服が似合う男女を決める「第5回CONOMi制服アワード」の授賞式が2018年1月28日、東京・原宿で開かれた。応募した中・高校生約3000人の中から選ばれた29人の受賞者が出席した。このうち新潟県出身者が5人いるなど、地方の受賞者も目立った。

女子グランプリは齋藤英里さん

注目のグランプリは女子が千葉県出身の齋藤英里さん(高校2年)、男子は大阪府出身の織部典成さん(高校2年)。準グランプリの4人も含め、相浦孝行社長がトロフィーを授与した。グランプリ、準グランプリに選ばれた6人は、全国で約20万部配布されるCONOMiカタログモデル、イメージモデルとして活動する。

このうち、女子グランプリを受賞した齋藤英里さんは、「本当にうれしくて光栄。SNSなどを使い、制服のかわいさを自らピーアールしたい」と意気込みを語った。

写真・左から/男子準GP:丸田怜音、男子準GP:森海哉、男子GP:織部典成、女子GP:齊藤英里、女子準GP:悠花、女子準GP:野田心優(敬称略)
集合

グランプリに選ばれた織部典成さん、齊藤英里さん
グランプリの2人

制服のトレンドは“上質なネイビーやグレー”

表彰式に続き、「2018最新制服ファッションショー」が行われた。受賞者全員がCONOMiの新作モデルを着用し、ランウェイを歩いた。2018年の制服トレンドは「上質なネイビー、グレーを使った好感度コーディネート」だという。

CONOMiによると、コーディネートのポイントは「サイズやシルエットにこだわった上質素材のネイビー、グレーを着用することで、シャープで爽やかな印象を与え、好感度が非常に高まる。カラーシャツ、リボンやネクタイなど明るい色を合わせることで顔を明るく際立たせ、清潔感の中にもかわいさがプラスされる」という。

新潟県からの受賞者5人

プリンス優杏さん(新之助賞)
プリンス優杏(新之助賞)

瀬戸羽咲さん(NEW BRiGHT PRODUCTION賞)
瀬戸羽咲(NEW BRiGHT PRODUCTION賞)

渡辺まいらさん(from新潟 次のヒロインプロジェクト賞)
渡辺まいら(from新潟 次のヒロインプロジェクト賞)

南雲陸冬さん(スマートファクトリー賞)
南雲陸冬(スマートファクトリー賞)

藍木沙羅さん(フォーラム情報アカデミー専門学校賞)
藍木沙羅(フォーラム情報アカデミー専門学校賞)

(写真提供:CONOMi)

関連記事