2018年謙信公祭の上杉謙信役は市民公募 参加費は5万円

戦国武将上杉謙信の遺徳をたたえる謙信公祭を主催する謙信公祭協賛会は、2018年8月25、26の両日に開催する今年の第93回謙信公祭の上杉謙信役を募集している。謙信役の公募は2006年以来。対象は上越市民または同市内に通勤、通学している18〜65歳の健康な人で、男女は問わない。参加費は5万円。応募の締め切りは6月29日。

謙信cover

謙信役は、NHK大河ドラマ「風林火山」が放映された2007年から2015年までにミュージシャンのGACKT(ガクト)さんが合計7回務め、毎回20万人を超える入り込みを記録する一大観光イベントとなっていた。2016年からは、原点に帰り住民主体の地元の祭りにすると方向転換し、市長や商工団体の代表が謙信役を務めている。

同協賛会事務局の同市観光振興課によると、謙信公役の公募は1995年以降では3回実施されており、今回は2006年以来12年ぶり。住民主体の祭りとしてより市民が身近に感じ参加できるよう、市民対象の公募を行うことを先月、謙信公祭実行委員会で決定したという。

募集する謙信役は甲冑を着て、8月25日午後4〜6時のリハーサルと26日午後1〜8時に行われる出陣報告、出陣行列、川中島合戦の再現に出演する。出陣行列では馬に乗るが乗馬経験はなくてもよい。謙信としてのセリフがある。

選考は書類審査を経て、面接とセリフの台本読みなどを行う二次審査のオーディションを行う。書類審査の申し込み用紙には応募動機や自身が考える「義」について記入する。

申し込み用紙は同市観光振興課で配布しているほか、同市観光公式ホームページ「上越観光ナビ」からダウンロードできる。

問い合わせは同課025-526-5111

関連記事