ホーム > 2021/04

タイプの異なる3棟を同時公開 4月10、11日に住宅見学会 クレバリーホーム上越店

7か月前

記事広告

家事軽減、ペットとの共生、2世帯と、タイプの異なる3棟の住宅の見学会が、2021年4月10、11の2日間、新潟県上越市と妙高市で開かれる。主催は上越市藤新田のクレバリーホーム上越店で、予約なしで見学できる

土橋会場 モデルハウス見学会

上越市土橋会場は「はれまち土橋」内にオープンしたモデルハウス。共働き家族の暮らしをイメージしている。

「はれまち土橋」内にオープンしたモデルハウス
haremachi

玄関には、靴やコートだけでなく、帽子やバッグなどもしまえる「ただいまクローゼット」を設け、子供でも片付けをしやすく工夫。ランドリールームにはアイロン台や収納も設置し、洗濯関連の家事を1か所で終えられるようにした。

忙しい毎日も、家事を家族で分担して労力を減らせるような間取りが見どころだ。

太陽光がたっぷりと差し込むリビングダイニング
haremachi2

妙高会場 モデルハウス見学会

妙高市栗原3のかがやきタウン栗原内にオープンしたのは、同社のラインナップ住宅「inumo(イヌモ)」をベースにしたモデルハウス。

散歩後の愛犬の足を洗う温水シャワー、愛犬が走り回ってもけがをしにくいフローリング加工など、ペットとの共生をテーマにしている。屋根付近に付けた、風見鶏ならぬ「風見犬」にも注目だ。

ペットとの共生をテーマとしたモデルハウス「inumo」
inumo

熊塚会場 オーナー宅完成見学会

上越市熊塚会場では、2世帯オーナー住宅の完成見学会を開催。

リビングや水回りは共同だが、それぞれの世帯用の個室を程よい距離感に配置。互いの生活リズムが異なってもプライバシーを守りつつ、時には育児なども協力しながら快適に暮らせることをテーマとしている。

公開される2世帯オーナー住宅の外観
kumadsuka

公開される3棟を含め、同社の家は外壁に自家製タイルを貼っていることが特徴。自然素材を焼き固めた重厚なもので、耐火性、防音性に優れ、30年経っても色あせや劣化はほぼないという。

大きさなどにもよるが、外構工事など含め建築費は平均2300〜2400万円。将来のメンテナンスコストの少なさから、幅広い年代に選ばれている。

見学は、各日午前10時〜午後4時。2日間で3会場を回った人には、キッチン用品の詰め合わせをプレゼントする(同社の家を初めて見学する人限定)。

問い合わせは同社上越店 0120-177-466

ホームページはこちら