ホーム > 2018/06

ペンギンモニュメントお目見え オープン間近の新水族博物館「うみがたり」

2年前

新潟県上越市の新水族博物館「うみがたり」のグランドオープンを前に2018年6月15日、同館が飼育数世界一を誇るマゼランペンギンをモチーフにした愛らしいモニュメントが敷地内に設置された=写真=

うみがたりに設置されたペンギンのモニュメント
ペンギンモニュメント1

モニュメントは直江津ロータリークラブ(熊木繁雄会長)が創立60周年を記念して寄贈した。

テーマは「夢いっぱいの海へ」。ペンギンが卵の殻を破り、生まれ、成長する過程や親子の仲睦まじい様子を5つの石像で表現しており、彫刻が専門の上越教育大学の松尾大介准教授がデザインした。

両端の2体は黒御影石、卵の2体は桜御影石、小さな子どもペンギンは妙高市で採掘される千草石を使用している。一番大きな黒御影石のペンギンは高さ1m、重さは400キロという。設置場所は、直江津屋台会館と道路を挟んだ南東広場。うみがたりに向かう道路からも見え、来館者を出迎える。

村山秀幸市長や同クラブ会員らが出席して行われた除幕式で、熊木会長は「うみがたりには年を重ねるごとに多くの人が訪れる。モニュメントに足を止めてペンギンの家族のように『幸せスポット』になってほしい」と挨拶した。村山市長も「うみがたりの歴史の象徴として末永く愛されることを願う」と述べ、感謝の意を示した。

新水族博物館「うみがたり」は、2018年6月26日にグランドオープンする。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/52145065 新潟県上越市の新水族博物館うみがたりのグランドオープンに向けて、同市は、「エビカニクス」で知られる音楽ユニット「ケロポンズ」にマゼランペンギンを題材としたオリジナルダンスの制作を依頼している。2018年6月6日、同館で動画撮影を行ったケロポンスの2人を村山秀幸市長が激励した=写真=。…
https://www.joetsutj.com/articles/35917098 新潟県上越市五智2で建設中の新しい市立水族博物館「うみがたり」について、上越市と指定管理者の横浜八景島(布留川信行社長)は2018年4月11日、市内で記者会見し、6月26日のオープンと、マゼランペンギンをモチーフとした公式キャラクターを発表した。また、これまで「日本一」としていた同館でのマゼランペンギンの飼育数が、世界一だったことが分かった。…
https://www.joetsutj.com/articles/23722055 2018年6月にオープンする新潟県上越市の新水族博物館「うみがたり」にシロイルカ2頭が展示される。現在シロイルカが飼育されているのは国内では4館のみで、県内では同館が初めてとなる。シロイルカは北極海やベーリング海北部に生息する。うなずくなど…
https://www.joetsutj.com/articles/84962128 来春オープンの新施設建設のため、2017年5月14日で現施設での営業を終了した上越市立水族博物館の外壁には、5353枚もの魚などの陶板レリーフが飾られている。1枚1枚、市民や来館者らが手作りしたもので、名前の入ったものも多い。現施設は今後取り壊されることから、「自分で作った陶板を記念にもら…
https://www.joetsutj.com/articles/93035014 「またね」のための「さようなら」−。新潟県上越市西本町4の市立水族博物館の現施設の営業が2017年5月14日で終了し、37年間の歴史に幕を閉じた。14日午後には施設を懐かしむ市民や子供を連れた家族らが多数見守る中、マリンスタジアムで休館式典が開かれた。現施設は今後取り壊され、現在建設中の新施設は来春オープンする予定。…
https://www.joetsutj.com/articles/60599724 皆さんは上越市立水族博物館の2階にある「子供科学館ワンダーランド」をご存知だろうか。遊具や科学展示が並ぶコーナーで、上越出身の人なら、小さい頃に遊んだり、 あるいは子どもを連れて行ったりしたことが一度はあるのではないだろうか。…
https://www.joetsutj.com/articles/27273158 新潟県上越市が計画している新水族博物館の建設工事安全祈願祭が2016年6月5日、建設予定地の旧水族博物館駐車場(同市五智2)で行われた。通年飼育するイルカプールやマゼランペンギンの生息地を再現したペンギンランドなどが目玉で、2018年のオープンを目指して工事が始まった。…