ホーム > 2016/05

木にチューリップの花が咲いた???

3年前

新潟県上越地方では珍しい「チューリップツリー」が、妙高市白山町4の新井流雪緑道で開花した。大きさといい、形といい、どう見てもチューリップの花。花は黄緑色なので目立たないが、高さ10mほどの木にカップ状の花弁を無数に付けている姿は圧巻だ。

チューリップそっくりな花を付けるチューリップツリー
2016-05-15チューリップツリー2

モクレン科の落葉高木で、明治時代初期に渡来した。英名はずばりチューリップツリーで、チューリップの木とも呼ばれる。ユリの花にも似ていることから、和名はユリノキ。葉の形が半纏や軍配の形に似ているので、ハンテンボクやグンバイノキとも呼ばれる。花弁は黄緑色で、底部にオレンジ色の斑紋がある。花から良質の蜜が取れ、秋の黄葉も美しい。

高さ10mほどのチューリップツリー。数えきれないほどの花が付いている
チューリップツリー2

妙高市建設課によると、チューリップツリーがある新井流雪緑道は、市立新井中学校前から市立新井小学校付近までの約600mに整備された都市公園で、1985年から1998年まで5期に分けて整備された。チューリップツリーはいつ植えたものか分からないという。

近所の男性は「平成4、5年(1992-93年)頃に植えたと思う。他にも何本かあったが枯れてしまい、1本だけになった。珍しいのか写真を撮りに来る人がいる」と話していた。

上越市大豆の春日山神社宮司で、植物に詳しい小川清隆さん(86)によると「チューリップツリーは北米原産の落葉樹で、雪国でも育つ。上越地域ではあまりない珍しい植物」と話す。

場所は、通称ぎんなん通りの高志塾近くから流雪緑道に入り、20mほどの場所。

チューリップツリーの場所

追記)読者からの情報提供

読者からの情報提供で、上越市内と妙高市内に各1本のチューリップツリーがあることが分かった。

上越市立城西中学校南口(南新町3)
2016-05-23城西中チュウリップツリー

妙高市志(国道18号志交差点付近)
2016-05-20妙高市志チューリップツリー