ホーム > 2021/03

イタリア料理に岩の原ワインをペアリング 3月26日にラ・ペントラッチャでディナー

7か月前

記事広告

新潟県上越市下門前のイタリア料理店「トラットリア ラ・ペントラッチャ」は2021年3月26日、地域の食文化とイタリア料理の可能性を探る新企画「ダイニングじょうえつ 岩の原ワインとイタリア料理のペアリングディナー」を開催する。

くびき牛煮込みのタリオリーニ ストラッチャテッラ添え
くびき牛スーゴソースのタリオリーニ

グアンチャーレ巻き佐渡島の黒豚フィレのロースト トリュフ風味のソース
佐渡島の黒豚フィレのグアンチャーレ巻き

料理は、能生産の真鯛や旬のアスパラ菜などを使った前菜、ほろ苦い早春の味フキノトウを刻み入れたリゾット、くびき牛入りスーゴソースをあしらった平打ちパスタ、佐渡産の黒豚フィレのロースト、越後姫を添えたティラミスなど、イタリア料理のフルコース。メニューは同店の高橋誠総料理長が、旬の食材を最大限に生かして考案した。

上越の食材とペアリングさせるのは、昨年創業130年を迎えた上越市のワイナリー「岩の原葡萄園」のワイン。“日本ワインぶどうの父”と称される創業者川上善兵衛が育種した品種の中から、同園の藤井佳美ソムリエが、マスカット・ベーリーA(赤)や、レッド・ミルレンニューム(白)など6種類のワインをチョイスした。

ラ・ペントラッチャでは、「コロナ禍の中、地元の農業、水産業、畜産業などに貢献したい、共に発展したいという思いから企画した。今後も地域の食文化とイタリア料理の可能性を探っていきたい」と話している。

料金はイタリア料理フルコースとワイン6種で、1人1万円(税・サービス料込み)。スタートは午後6時30分。募集人数は30人(予定)。感染対策のため、客席を50%に減らして実施する。問い合わせ、申し込みは同店025-545-3991

メニューは次の通り。

  • 冷前菜 能生産真鯛の昆布締め ホワイトアスパラガスのピクルス添え
  • 温前菜 帆立とアスパラ菜のオーブン焼き
    ペアリングワイン:ブラン・ド・ブラン ローズ・シオター
  • リゾット 蕗の薹とゴルゴンゾーラのリゾット
    ペアリングワイン:レッド・ミルレンニューム(辛口)
  • パスタ くびき牛煮込みのタリオリーニ ストラッチャテッラ添え
    ペアリングワイン:マスカットベーリーA
  • メイン料理 グアンチャーレ巻き佐渡島の黒豚フィレのロースト トリュフ風味のソース
    ペアリングワイン:ブラック・クィーンとヘリテイジ
  • デザート ピスタチオのティラミス越後姫添え
    ペアリングワイン:レッド・ミルレンニューム(甘口) 
    ※メニューは仕入れにより変更が生じる場合あり

デザートの「ピスタチオのティラミス越後姫添え」
ピスタッチォのティラミス

|

トラットリア・ラ・ペントラッチャ(上越市下門前)