ホーム > 2018/08

妙高市中町の内装工事・畳製作「ホリカワ」が自己破産申請 負債は6億円

10か月前

新潟県妙高市中町の内装工事、畳製作「株式会社ホリカワ」(資本金1800万円)が2018年8月17日で事業を停止し、同日に新潟地裁高田支部に自己破産を申請した。帝国データバンク上越支店によると、負債総額は6億円以上が見込まれる。

8月17日で事業を停止したホリカワ(妙高市中町)
2018-08-20ホリカワ

同社は1907年(明治40年)に畳製造業者として創業。56年(昭和31年)から内装工事を手掛け、70年4月に「株式会社堀川敷物店」の商号で法人改組、90年10月に現商号に変更した。

住宅の洋風化により畳の需要が減少したため、内装工事を主力とし、公共建築物や商業施設、工場、病院など大型建築物の内装工事を手掛けていた。商圏は県内のほか、富山、長野に及び、上越地方の内装工事業界では、売上が上位の業者として知られた。

89年7月には新井市(現妙高市)栗原の新井ショッピングセンターに若者向けのファンシーショップ「クレヨン」を開設。翌年には本社にも「めるへん」を開設し、2006年2月期の年売上高は約6億4,800万円を計上していた。

しかし、不況の長期化で工事量が減少し、競合激化で収益も低調で、直近の年売上高は2億9,300万円にとどまった。借入金は年商以上に達し、多額な支払い利息を吸収できず3期連続欠損となっていた。

今期に入り、ファンシーショップを7月末に閉店するなど、収益の改善を進めていたが、資金調達が限界に達した。