上越市東城2のコンビニ強盗事件で住所不定・無職の22歳男を逮捕

今年7月、新潟県上越市東城町2のセブンイレブン上越東城店で発生した強盗事件で、上越警察署は2018年10月30日午前11時54分、強盗容疑で住所不定、無職男(22)を逮捕した。同署によると男は「私は強盗をしていません」と容疑を否認している。

同署によると、男は7月7日午前3時50分頃、50歳代の男性店員に刃物を突きつけ、「お金を出せ」などと言い、現金3万1000円、タバコなど2点(販売価格計599円)を奪った疑い。同署は埼玉県内で男を逮捕した。引き続き、動機や余罪などを調べている。

事件現場の上越市東城町2のコンビニエンスストア(2018年7月7日朝)
534243243

関連記事