ホーム > 2018/05

外国人観光客向けのYouTube動画作成 上越市の高田本町商店街

3か月前

外国人観光客に新潟県上越市の高田本町商店街を紹介しようと、商店街の女性店主らでつくる「インバウンドで本町を盛り上げるおかみさんの会」(熊田和子会長)は、同商店街のPR動画を作成し、動画投稿サイト「YouTube」の高田本町商店街公式チャンネルで公開している。

同会は近年、スキーシーズンを中心に妙高市でオーストラリア人観光客などが増加していることから、滞在中の外国人を高田本町商店街に呼び込もうと、英会話教室や上越地域在住の外国人を招いたモニタリングツアーなどの取り組みを行っている。動画は外国人観光客に効果的なSNSでの波及を目指し制作したもので、来シーズンの予約が始まる6月を前に公開した。

PR動画は約15分。妙高市赤倉温泉で外国人相手のホテルを経営するオーストラリア人のケイト・メギーさんが同商店街の店舗を訪ねレポートしている。

えちごトキめき鉄道の妙高高原駅から電車で高田駅に向かう場面から始まり、切符の券売機に英語表記があることや電車のドアはボタンで開閉することも紹介。高田駅で下車後は本町商店街の10店舗を訪ね、小酒井園で抹茶、大杉屋惣兵衛お馬出し店で粟飴を味わったり、きもの黒川で着物の試着、大島画廊では習字体験をしたりしている。商店主による英語での接客や駅前郵便局のATMが英語対応しているシーンも。

同会では「動画で本町商店街の魅力を発信し、誘客につなげていきたい」としている。