ホーム > 2018/05

入居済み住まいを体感 5月12、13日に上越市内で見学イベント

2週間前

=記事広告=

新潟県上越市鴨島2の「匠・小山住建」は、入居済み住宅で遊んだり、生活を体感できるイベント「春の家苑祭」を、2018年5月12日(土)、13日(日)に同市上昭和町地内で開く。焼きそばなどのフードコーナーも設置され、見学希望者なら誰でも参加できる。

実生活を見学 焼きそばなどの屋台も

家苑祭イベント会場
外観-修正

体感イベントは、同社が手がけたモデルハウス「家苑」を利用。シンボルツリーのある中庭を囲うように設計された住宅で、現在は実際に居住しているため“リアル”を実体験できる。

中庭を囲うように設計された住まいを見学できる
DSC02524-修正

フードコーナーも設置され、焼きそばや焼き鳥、唐揚げ、クレープなどのほか、アルコール、ソフトドリンクが無料で楽しめる。幼児は住居見学できないが、お菓子のつかみ取りができるキッズコーナーでたっぷり遊べる。

昨年の家苑祭の様子
DSC03851ぼかし

DSC03938修正

新オープンの「ぐるぐるハウス」も同時公開

4月に完成した住まい「ぐるぐるハウス」も同時公開
DSC08241

なお両日は、4月にオープンした住まい「ぐるぐるハウス〜子供が走り回る家〜」も特別同時公開。吹き抜けのある開放感たっぷりの家で、2階にいる子供とすぐにコミュニケーションが取れるよう、2階の空間にはキャットウォークを設置している。見学には「春の家苑祭」会場での受付が必要となる。

「実際に住まわれている家を体感することで、家族がずっと満足して暮らせる家づくりに役立てていただければ」と同社。イベントは、12日が午前9時〜午後7時30分、13日が午前9時〜午後3時30分。

問い合わせは025-521-7530

イベント会場の「家苑」(上越市上昭和町)