ホーム > 2018/03

イメージは「フランスの田舎町の家」 上越市中門前で3月31日から完成見学会

2年前

=記事広告=

「外国の田舎町にあるような、温かみあるかわいらしい家に住みたい」。家族が夢見た自然派住宅が、新潟県上越市中門前1地内に完成した。2018年3月31日(土)、4月1日(日)に見学会が開催される。

イメージはフランスの田舎町の家

白い格子窓がかわいらしいナチュラルハウス
外観修正

木立や畑が広がり、自然がたっぷり残る周辺環境。フランスの田舎町の家をイメージしたという住まいは、外壁がクリーム色で統一され、アンティーク調のアイアン飾りがアクセントになっている。

自然素材たっぷり そして使いやすく

家族が心穏やかに暮らせる「こころ健康」がテーマ。柔らかく肌触りの良いアカマツの無垢の床と、空気中の化学物質を吸着・分解するスイス漆喰壁で囲んだ室内は、家族が目指す暮らしにぴったり。


室内イメージ

天井までの吹き抜けとなっているリビングには太陽光がたっぷり差し込み、風も流れる。キッチンは動線を直線的にすることで使いやすく、パントリー(食品収納庫)入り口はアーチ型にし、かわいらしさも採り入れた。

バーベキューもできる外のテラスは、天候不問の屋根付き。リビング床と高さをそろえたことで、そのままテラスに駆け出して行ける。

見学会開催 予約でプレゼントも


テラスイメージ

「外観、内観ともにかわいらしく、木のぬくもりや塗り壁など外国の家のような雰囲気がたっぷりの住まいになりました」と話す、設計施工を担当した上越市鴨島2の匠・小山住建

見学会来場予約特典があり、新規で予約をした人先着10人に、スターバックスコーヒー1000円分ギフト券のプレゼントがある。

公開時間は午前9時〜午後4時。電話025-521-7530

見学会現地(上越市中門前1)