ホーム > 2017/09

同僚の腕時計盗み売却 高田駐屯地隊員を懲戒免職

4年前

陸上自衛隊高田駐屯地(新潟県上越市)は2017年9月28日、同僚の隊員の腕時計を盗み、古物店で売却したとして第2普通科連隊の男性一等陸士(20歳代)を懲戒免職にしたと発表した。

陸上自衛隊高田駐屯地
jieitai

同駐屯地によると一等陸士は今年5月4日午後9時頃、駐屯地敷地内で、同室の同僚隊員の腕時計を盗み、5月6日に市内の古物店に腕時計を18万5000円で売却した。被害に遭った男性隊員が5月13日、自分の腕時計が無くなっていることに気付き、部隊に報告。警務隊が捜査したところ、一等陸士の犯行が明らかになった。

警務隊は6月13日に一等陸士を検挙した。