ホーム > 2017/09

10月は昼間から酒が飲めるぞ! 上越市内で酒イベント3連発

4年前

米どころである新潟県上越地方には多くの酒造所があり、品質の高い日本酒を味わえるが、120年以上の歴史をほこるワイナリーや、どぶろく特区全国第1号のどぶろく、地ビールまでそろっている。「酒博士」坂口謹一郎、「日本のワインぶどうの父」川上善兵衛を生むなど、全国でもまれな酒文化を育んでいる。

上越市内で開かれる3つの酒イベントでは、日本酒やどぶろく、ワイン、地ビールのほか、地場食材を使ったグルメも同時に味わえる。友人を誘ったり、家族で出掛けてみてはいかがだろうか。

第18回 岩の原葡萄園 秋の収穫祭

2017年9月30日(土)、10月1日(日)
◇時間:10:00~15:00
◇会場:岩の原葡萄園/上越市大字北方1223番地
◇料金:入場無料(フード・ドリンクは各ブースで支払う)
◇問い合わせ:025-528-4002(岩の原葡萄園)

ジャズやフォークなど多彩なステージイベントのほか、人気飲食店のブースが多数出店する。「深雪花」「にごり造り」「ペルレ」などのグラス販売もある。多彩なステージイベントも繰り広げられる。ブドウ畑と醸造棟の見学は、当日先着30人限定。ブドウの収穫体験は事前に電話予約が必要。

上越妙高駅と頸城自動車高田駅前案内所から無料のシャトルバスが出る(先着順)。

シャトルバスの時刻など、くわしくは公式サイト (http://www.iwanohara.sgn.ne.jp/) へ。

岩の原葡萄園の秋の収穫祭(2016年)
20161001岩の原収穫祭

第20回 越後よしかわ酒まつり

2017年10月1日(日)
◇9:00~16:00
◇会場:道の駅よしかわ杜氏の郷、長峰温泉ゆったりの郷
◇住所:上越市吉川区杜氏の郷1
◇主催:越後よしかわ酒まつり実行委員会
◇問い合わせ:025-548-3595

「全国200銘酒きき酒会」(9:30~15:00) では、上越地域、県内をはじめ、全国各地の蔵元から集めた銘酒が味わえる。参加費700円。ステージでは長岡市出身のアーティスト、ひなたスペシャルライブ(14時~)、頸城杜氏による酒造り唄の披露、太鼓の競演、よさこいソーランなどがある。食べ物、特産品などのブースも24店出店する。

くびき駅、上下浜駅、総合事務所からシャトルバスが出る。

越後よしかわ酒まつりのちらし
よしかわ酒まつりちらし4

第12回 越後・謙信SAKEまつり

2017年10月21日(土)、22日(日)
◇時間:21日 11:00~20:00
    22日 10:00~16:00
◇会場:上越市高田本町商店街(会場歩行者天国)
◇主催:越後・謙信SAKEまつり事項委員会
◇問い合わせ:025-526-5111

上越地域の日本酒をはじめ、ワイン、どぶろく、地ビールなど「SAKE」を一堂に集め、上越地域の酒づくり文化を紹介する一大イベント。2015年は過去最高の12万5000人の入り込みがあった。

上越地域の酒蔵とワイナリーなど17社が出店し、地元食材などを使った約60店のグルメブースも出てにぎわう。おちょこ付きの試飲代が1,500円。「元服お祝いキャンペーン」として、20歳の人は試飲代が500円となる(免許証など生年月日が確認できるものが必要)。

まつり当日しか入手できないまつり酒「車懸」の限定発売もある。ステージではアイドル、ジャズ、Jポップのアーティストが多数出演。

◇公式サイト http://kenshinsake.com/

越後・謙信SAKEまつりのちらし
2017越後謙信SAKEまつり