ホーム > 2016/01

上越市の人口20万人割り込む 6区で減少率10%以上 国勢調査速報値

4年前

昨年実施された国勢調査の速報値によると、新潟県上越市の人口は19万7026人と20万人を割り込み、前回5年前の2010年調査時から6873人(3.4%)減った。

28の地域自治区別では、人口が増えたのは有田区の4.4%増、新道区3.1%増、春日区2.2%増と3区のみで、残りの25区は減少している。

6つの区で10%以上減

最も減少率が大きかったのは大島区の16.3%減で、次いで牧区14.0%減、安塚区13.4%減となった。このほか、吉川区11.2%減、中郷区10.1%減、谷浜・桑取区10.0%減と合計6つの区で減少率が10%を超えている。

県内2番目の減少率

県の人口は230万5098人で、前回調査から6万9352人(2.9%)減少して戦後最少になった。県内30自治体のうち減少数が最も大きかったのは長岡市で7428人。上越市の6873人は2番目となった。

2015年調査の速報値をもとにした表

地区名 2010年
(確定値)
2015年
(速報値)
増減数 増減率
上越市
合 計
203,899 197,026 -6,873 -3.4%
合併前
上越市
134,701 132,952 -1,749 -1.3%
13区計 69,198 64,074 -5,124 -7.4%
大島区 1,927 1,613 -314 -16.3%
牧区 2,322 1,996 -326 -14.0%
安塚区 2,878 2,492 -386 -13.4%
吉川区 4,764 4,231 -533 -11.2%
中郷区 4,303 3,868 -435 -10.1%
谷浜・
桑取区
1,823 1,640 -183 -10.0%
名立区 2,866 2,611 -255 -8.9%
浦川原区 3,769 3,444 -325 -8.6%
高士区 1,561 1,438 -123 -7.9%
清里区 3,015 2,780 -235 -7.8%
柿崎区 10,660 9,838 -822 -7.7%
八千浦区 4,281 3,975 -306 -7.1%
板倉区 7,327 6,830 -497 -6.8%
北諏訪区 1,632 1,539 -93 -5.7%
保倉区 2,303 2,179 -124 -5.4%
三和区 5,918 5,624 -294 -5.0%
高田区 30,421 28,940 -1,481 -4.9%
大潟区 9,950 9,474 -476 -4.8%
諏訪区 1,223 1,176 -47 -3.8%
津有区 5,038 4,875 -163 -3.2%
三郷区 1,374 1,340 -34 -2.5%
頸城区 9,499 9,273 -226 -2.4%
直江津区 19,673 19,253 -420 -2.1%
金谷区 14,332 14,186 -146 -1.0%
和田区 5,840 5,808 -32 -0.5%
春日区 21,187 21,652 465 2.2%
新道区 9,684 9,990 306 3.1%
有田区 14,329 14,961 632 4.4%