ホーム > 2017/06

日本一のペンギン 他県に一時 “お引っ越し” 来春の新水族博物館完成まで

3年前

新潟県上越市西本町4の市立水族博物館は、来春オープン予定の新水族博物館が完成するまでの間、館内の生き物を他の施設に預けるための “引っ越し” 作業を進めている。2017年6月8日までには、飼育数日本一を誇る126羽のマゼランペンギンの搬出作業が完了。約400km離れた「横浜・八景島シーパラダイス」など2施設へ運ばれた。

トラックに積み込まれるマゼランペンギン
20170608-DCS_3326

同館は5月14日に旧施設での営業を終了した。隣接地で建設中の新施設がオープンするまでは「休館」としており、7月を目途に旧施設を取り壊すことから、館内の生き物の搬出作業を進めている。

マゼランペンギンの搬出は6月1日から始まり、同日中に44羽が伊豆・三津シーパラダイス(静岡県)に送られた。6月8日には残り82羽を「横浜・八景島シーパラダイス」へと運ぶ作業が行われた。

飼育員らはこの日、マゼランペンギンを2羽ずつケージに入れ、トラックの荷台へと運び入れていった。横浜市までの移動時間は約6時間。移動中は飼育員1人が付き添い、休憩地点ではペンギンの体に水をかけるなどして体温を調整したという。

この日の天気は雨。飼育員によると、雨で気温が低い日の長距離移動は、ペンギンたちへの負荷を最小限で抑えられるという。同館で飼育されていた生き物の一部は、そのまま預け先の施設に寄贈される予定だが、マゼランペンギンは同館に戻ってくる予定。

ゴマフアザラシはケージに入れてクレーンで吊り上げた
20170608-DCS_3381

この日は2頭のゴマフアザラシ「ジロー」と「ケンタ」もケージに入れてクレーンで持ち上げ、ペンギンと一緒に横浜へと運んだ。特に34歳のジローは人間で例えると90歳と高齢だが、同館は「2頭とも元気に戻ってきてほしい」と話す。

マゼランペンギンとゴマフアザラシを積んで横浜へと出発するトラック
20170608-DCS_3420

広報担当の村上真衣さんは「一時的とはいえ、マゼランペンギンたちがいなくなるので少し寂しくなるが、新施設のオープンを楽しみにしていただけたら」と話していた。

同館によると、生き物の搬出作業は約8割が完了しており、今月中旬までに終了する予定。

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/84962128 来春オープンの新施設建設のため、2017年5月14日で現施設での営業を終了した上越市立水族博物館の外壁には、5353枚もの魚などの陶板レリーフが飾られている。1枚1枚、市民や来館者らが手作りしたもので、名前の入ったものも多い。現施設は今後取り壊されることから、「自分で作った陶板を記念にもら…
https://www.joetsutj.com/articles/93035014 「またね」のための「さようなら」−。新潟県上越市西本町4の市立水族博物館の現施設の営業が2017年5月14日で終了し、37年間の歴史に幕を閉じた。14日午後には施設を懐かしむ市民や子供を連れた家族らが多数見守る中、マリンスタジアムで休館式典が開かれた。現施設は今後取り壊され、現在建設中の新施設は来春オープンする予定。…
https://www.joetsutj.com/articles/60599724 皆さんは上越市立水族博物館の2階にある「子供科学館ワンダーランド」をご存知だろうか。遊具や科学展示が並ぶコーナーで、上越出身の人なら、小さい頃に遊んだり、 あるいは子どもを連れて行ったりしたことが一度はあるのではないだろうか。…
https://www.joetsutj.com/articles/27273158 新潟県上越市が計画している新水族博物館の建設工事安全祈願祭が2016年6月5日、建設予定地の旧水族博物館駐車場(同市五智2)で行われた。通年飼育するイルカプールやマゼランペンギンの生息地を再現したペンギンランドなどが目玉で、2018年のオープンを目指して工事が始まった。…