ホーム > 2018/07

上越市の新潟太陽誘電が製造職100人を募集 7月28日に説明会開催

11か月前

=記事広告=

上越から、世界へ──世界中の機器に不可欠な電子部品「積層セラミックコンデンサ」を生産する新潟太陽誘電(本社・新潟県上越市頸城区上吉)は、新工場となる第3号棟の建設に伴い、製造職100人を募集する。採用にあたり、2018年7月28日(土)に説明会を開催する。

新潟太陽誘電
外観1のコピー

同社は、太陽誘電(東証一部、本社・東京都中央区)の子会社で、主に小型大容量積層セラミックコンデンサの生産拠点として2007年に上越市に設立された。2015年には第2号棟を建設している。従業員数は今年7月1日現在で674人。

小型大容量積層セラミックコンデンサ
コンデンサ2

積層セラミックコンデンサは、世の中のあらゆる電子機器に不可欠の「最先端技術のかたまり」である電子部品。スマートフォンやAV機器などのほか、自動車、産業機器、医療・ヘルスケア、環境・エネルギーなど、世界中の幅広い分野で需要が拡大している。

同社の技術力は世界最高水準。「上越から世界へ」を合言葉に、従業員一人ひとりが全力で事業に取り組んでいる。

製造職100人を募集

  • 生産設備オペレータ(小型大容量積層セラミックコンデンサの生産設備操作業務)
  • 就業時間:①午前7時〜午後4時30分 ②午後7時〜午前4時30分 ①と②の交代制(4勤2休)※残業月平均30時間程度あり
  • 基本給:16万2000円 ~ 25万3580円 ※別途 交替勤務手当、深夜勤務手当、時間外勤務手当等支給 【月収例】残業30時間 24~35万円
  • 高卒以上、59歳以下

詳細は7月28日(土)の説明会で説明する。時間は午前10時〜11時。電話またはホームページの「お問い合わせ」から事前に申し込む。

ホームページは http://www.niigata-yuden.com/topics/

問い合わせ電話 025-545-2511

新潟太陽誘電