ホーム > 2016/05

上越市の消防団車両2台から「サイレンアンプ」が盗まれる

3年前

新潟県上越市は2016年5月28日、市消防団の車両2台から、赤色灯や外部スピーカーを制御する「サイレンアンプ」が盗まれ、上越警察署に被害届を提出したと発表した。

市によると5月27日午後2時頃、木田1の市役所屋外駐車場に駐車していた消防指令車のサイレンアンプが盗まれているのを市職員が発見した。翌28日午前5時頃には、稲田消防部の車庫に駐車していたポンプ車のサイレンアンプも盗まれていることが分かった。同日、消防団の全車両294台分の装飾品の有無を確認したが、その他の被害は確認されていない。

同市危機管理課によると、盗まれた二つのサイレンアンプはいずれもコードをつないで助手席前の収納部分に積んでいたが、コードが切断されていた。市役所に駐車していた消防指令車は軽のワンボックスカーで、ドアは施錠されていたが、バールのようなものでこじ開けた形跡があったという。

市は今回の盗難を受け、ポンプ車なども施錠を徹底するよう各消防部に指示したという。

サイレン音や赤色灯を制御する「サイレンアンプ」