ホーム > 2021/03

ゆきだるま温泉久比岐野で入浴中の70代男性が意識失い死亡

4か月前

新潟県上越市の指定管理施設「ゆきだるま温泉久比岐野」(同市安塚区須川)で2021年3月20日午後、市内在住の70代男性利用客が浴室内で意識を失っているのが発見され、救急搬送されたが、同日夕方に死亡が確認された。21日、同市が発表した。

同市によると、死亡した男性は20日午後1時前、施設に1人で訪れ入浴した。午後2時頃、男性が浴槽の縁にうつ伏せになっているのを別の男性利用客が発見。知らせを受けた従業員が自動体外式除細動器(AED)で心肺蘇生と人工呼吸などの応急処置をすると同時に119番通報した。

同2時45分、東頸消防署員が到着し、引き続き蘇生を実施。同3時18分にドクターヘリで救急隊が到着し、男性は上越総合病院へ搬送されたが、同4時27分、死亡が確認された。

同市によると、事件性はないという。

「ゆきだるま温泉久比岐野」の浴室
IMG_7200

関連記事

https://www.joetsutj.com/articles/63791120 今年7月に新たな指定管理者の「スマイルリゾート」(湯沢町、田中章生社長)の運営となった新潟県上越市安塚区の「ゆきだるま高原」で、日帰り温泉「久比岐野」が2020年12月13日にオープンする。昨年末で休止した「雪の湯」に替わる日帰り温泉施設として、市が宿泊施設(休止中)の「久比岐野」の入浴棟を増改築し整備した。…