ホーム > 2016/07

2頭のイルカが迫力のジャンプ披露 7月9日から上越市立水族博物館

4年前

上越市立水族博物館で2016年7月9日から、夏の目玉イベント、イルカショーが始まる。本番を前に7日、公開リハーサルが行われ、同市内の園児や長野市内の小学生などを観客に、バンドウイルカの「アイ」と「エツ」が華麗なジャンプを披露した。

今年のショーのテーマは「すいはく夏祭り」。にぎやかな祭の音楽に合わせて2頭のイルカが絶妙のコンビネーションで迫力あるショーを繰り広げる。

イルカ1

「アイ」と「エツ」は歌に合わせてバックフリップ(後方宙返り)やスピンジャンプ、人を押し上げながら飛び上がるスカイロケット、4mの高さにあるボールにタッチするハイジャンプなどを披露した。

中でも2頭のイルカに足裏を押してもらい、トレーナーが水面を滑るように移動する「ダブルスライダー」は、国内では同館でしか見られないという今季注目の新種目。客席に水しぶきが飛ぶと、子どもたちは大きな歓声を上げ、演技が成功するたび、拍手が湧き起こった。

夏季イルカショーは7月9日から8月21日まで。7月の平日は1日4回、7月の土休日及び8月は1日5回、7月16〜18日と8月11〜16日は1日6回の公演が予定されている。

上越市立水族博物館(http://www.joetsu-suihaku.jp/)。