ホーム > 2016/07

「足元」から地域活性化 上越妙高駅お出迎えキャラ「ウェルモ」の玄関マット

4年前

ダスキンのフランチャイズ店、ダスキンタカダヤ(上越市平成町)は、昨年開業した北陸新幹線上越妙高駅のお出迎えキャラクター「ウェルモ」の玄関マットのレンタルを行っている。「足元から地域を盛り上げたい」と地域貢献事業として実施しているもので、デザイン料や製作費は同社が負担し、設置費用は通常のマットと同じ。このほど第一号として市内の保育園に設置された。今後企業などにも広げていく。

城西保育園に設置されたウェルモのマット
IMG_03951

ウェルモは、上越市出身で、NHK Eテレ「みいつけた!」のキャラクターなどのアートディレクションを手がけている大塚いちおさんがデザインした。昨年開業した上越妙高駅のお出迎えキャラクターとされているが、活用は進んでいない。

ダスキンタカダヤでは「自分たちのできることで地域を盛り上げたい」と室内用のオーダーメードマットにウェルモをデザインすることを企画した。しかし、マットに描けば、キャラクターを足で踏むことになる。この点について、デザインした大塚さんに相談したところ「モグラはもともと土の中の生き物なので、踏まれてもまったく問題ない」との回答を得て、文字通り「足元から」の地域活性化の企画が実現した。

37色でデザインできるオーダーメードマットで、ウェルモが鮮やかな色彩で描かれている。時間が経って、文字が見えづらくなったり、色があせてきた場合など、デザイン表現を満たさないとダスキンが判断した場合は、無料で、新しく製作してもらえる。

企業向けのウェルモのマットの例
事業所用

ウェルモマットの問い合わせは、ダスキンタカダヤ025-524-1537。