ホーム > 2016/07

上杉謙信にあやかり旅の安全を祈願 高田おもてなしの会が「通行手形」

4年前

新潟県上越市高田地区の飲食店や酒蔵、映画館など31団体で作る「高田おもてなし会」(田中正人代表世話人)は2016年7月22日、郷土の戦国武将、上杉謙信にあやかって同市を訪れる観光客の旅の安全を願う「通行手形」を発売する。手形には飲食店などの割引クーポンも付いている。発売に先立ち7月19日、謙信の居城春日山の総鎮守である春日神社(風間常樹彦宮司)で手形のお払いを受けた。

通行手形とクーポン
通行手形3

手形は7cmほどの六角形の桐製。表には「毘」の焼き印、裏には上杉家の家紋が入っている。戦国時代最強といわれ、どんな厳しい戦でも必ず無事帰還した上杉謙信にあやかって、上越を旅する観光客の安全を願う。

上越商工会議所では上杉謙信の全国的な知名度を軸に春日山観光をメーンにした交流人口拡大策に取り組んでおり、高田おもてなしの会は、上越商工会議所と連携して、上越市の地方創生の取り組みの一環として今回手形を作成した。

手形には、高田地区31の店舗などで食事や買い物、入館料が100円割引になるクーポンと店の場所を示した地図が付いている。クーポンは来年3月末まで使える。22日の上越はすまつりの開幕に合わせて発売し、秋の「越後謙信SAKEまつり」などのイベントでも販売する。

19日、春日神社には越後上越 上杉おもてなし武将隊の上杉謙信役と高田おもてなしの会の関係者7人が集まり、手形のお払いを受けた。代表世話人の田中さんは「謙信公を通年観光の一つの目玉として、高田に来た観光客が春日山観光に行き、春日山観光に来た観光客が高田へ来るといった相乗効果で交流人口増加につなげたい」と話していた。

春日神社でお払いを受けた手形を手にする田中代表世話人(右)
通行手形

通行手形は高田おもてなしの会の31団体などで販売する。価格は700円(税込み)。問い合わせは上越観光コンベンション協会025-543-2777。