ホーム > 2015/06

「日本の桜フォトコンテスト2015」で高田の桜グランプリ 上越市の寺尾さん撮影

2年前

富士フィルムが主催する「日本の桜フォトコンテスト2015」で新潟県上越市寺町1の寺尾昭人さん(46)の作品がグランプリに輝いた。「残雪に満開の桜」と題して高田の桜を撮影した作品で、寺尾さんは「全国に素晴らしいロケーションがある中で、高田の桜を選んでもらえてうれしい」と話している。

フォトコンテストは、同社が「大好きな桜スポット」をテーマに、フェイスブック上で今年3月から先月末まで募集した。プロ、アマ、国籍、性別、年齢を問わないコンテストで、今年撮影した写真を一人1点だけ応募できる。約1000点の応募の中から、寺尾さんの作品がグランプリに輝いた。

寺尾さんによるグランプリ作品「残雪に満開の桜」
寺尾さんの桜

寺尾さんは、広告代理店エムエー・プランニング代表で、今年春には上越の桜だけをテーマにした写真集(カレンダー)も作っている。

今回は4月上旬に高田公園から朝陽に映える満開の桜と雪が残る南葉山を写した作品を応募した。寺尾さんは「高田と言えば夜桜が有名だが、以前に他県の人が雪と桜の組み合せに驚いていたことが心に残っていたのであえて、残雪と桜の写真を選んだ。高田の桜を選んでもらって本当にうれしい」と話している。

グランプリほか応募作品は次のフェイスブックページで見ることができる。
https://apps.facebook.com/monipla/campaign/detail/35669%20

寺尾さんによる「平成27年度カレンダー付き『サクラ写真集』」は道の駅あらい内「くびきの情報館」と戸田書店上越店及びサクラデラノーチェで引き続き販売している。問い合わせはエムエー・プランニング(電話 090-4057-6603、ファクス 025−524−5784、メール drumsko@joetsu.ne.jp またはフェイスブックページhttps://www.facebook.com/drumsko.map)でも受け付けている。